インテリアの達人が選ぶ、即買いアイテム vol18

【リレー制】インテリアの達人が選ぶ、即買いアイテム

建築家 “相坂 研介”氏

  1. 1973年東京都生まれ、一級建築士。1996年東京大学工学部建築学科を
    卒業後、安藤忠雄建築研究所を経て2003年独立、
    相坂研介設計アトリエを設立。現在東洋大学他で非常勤講師兼任。
    日本建築家協会デザイン部会副部会長。
  2. シンプルかつエレガントなデザインを用い、クライアントの近くに立った自由度の高い建築の設計を行う一方、プロダクトやイベントなど多様な表現を通じて、建築家の職能の新たな社会還元も目指している。
    http://www.aisaka.info/

Hanger

ハンガー

SIEVE

antenna umbrella hanger
[傘立て]

5,400yen

500 Dポイント取得

「即買い」ということなら、まず5000円の「コレ」を。
バーとフックに長短の傘を吊るせる「傘立」ですが、“濡れ物もそれ以外も掛けられるスタンド”と本質を見ると、「タオルハンガー」や「カバン掛け」、縦長の「バナーラック」にもなりそうです。
デザインを学び仕事にしている人は、「飽き易い『いかにもデザイナー風』」と「安く目立たずとも優れたデザイン」を、見分けます。
もう片方より、多用途に応用が利くこちらがオススメです。

Table

テーブル

abode

TABLE = CHEST

136,500yen

13,650 Dポイント取得

逆に安くはないけれど、長く愛せる一品を。安積朋子さんの代表作で僕も好きな家具。
「一つのモノが場面に応じて幾つもの用途に応じる」というコンセプトは、足の折り畳めるちゃぶ台同様、狭い国土で生きる日本人ならではの発想であり、そこに「長く愛着の湧く可愛さ」という要素が加わる点など、どちらも僕の建築や家具にも共通したコンセプトで、見習うところも大きいです。

“RECENT NEWS!”達人からの最新ニュースのお知らせ

上のような、「シーンに応じて幾通りも使い道の変えられるソファ」「人数に応じて広さの変わるテーブル」など、
建築家の僕も家具をいくつか作っていますが、そうした「ヒトの生活を想像し、想いに寄り添う建築家の視点」を
活かした、何人かの建築家のデザインした家具展=「KAGUTEN」を継続して行っています。
よろしければ次の機会に是非お越し下さい!
http://kaguten.info/

建築設計業務としては、写真左のようなシンプルなデザインの2世帯住宅を2件のほか、
診療所付複合ビルや渋谷の商業ビルが建設中、船橋市の認可保育園(写真右)を設計中です。
特に保育園・幼稚園・小中学校など、子どもの教育・福祉施設の設計は、今後特に取り組んでいきたい分野です。
http://www.aisaka.info/

DECOLTが扱うブランド

シーンから選ぶ